中部食糧株式会社
ホーム お問い合わせ
ごあいさつ
会社案内
会社概要 組織図
沿革
業務案内
営業本部
米穀関連商品
業務用食品
自社ブランド食品
美味しいご飯の炊き方
営業本部 質問フォーム
管理本部
ライスセンター
工場と製品
受注・配送システム
生産・営業拠点
採用情報
グループ企業
沿  革
 
1963年(昭和38年)
米穀業に参入するため、大手総合商社(株)トーメンの100%出資により創業
1970年(昭和45年)
(株)トーメンが輸入したエビ等の冷凍水産物を飲食店、仕出し、結婚式場、惣菜等の業務用業者向けに卸売業を開始
1985年(昭和60年)

中部米穀(株)を買収し、主食用白米の精米卸業に進出
いぶき食品流通協同組合に加入し、冷凍調理加工食品類の本格的な取扱に着手
大手水産畜産メーカーの特約店に指定され、冷凍食品類の取扱が拡大

1986年(昭和61年)
業務拡張のため本社を名古屋市中村区名駅4丁目から現在地 名古屋市中村区岩塚町に移転
1989年(平成元年)
冷凍食品“いぶき”ブランドを商標登録
“いぶき”の食材を直仕入体制とするため国内外のメーカーと提携
1994年(平成6年)
愛知県指定米穀卸業の認可を得る
1997年(平成9年)
名古屋市南区堤町に食糧本部を移転し、最新鋭の精米機150馬力(1時間あたり9トンの精米能力)を設置した「ライスセンター」を新設
惣菜店向けの差別化高級食材ブランド“惣菜横丁”を商標登録
1998年(平成10年)
3温度帯による同時物流ならびに一括物流の引受を開始
2000年(平成12年)
365日受注24時間配送の物流体制を確立
2001年(平成13年)
中部米穀(株)より営業部門および炊飯工場を譲渡
岐阜県に羽島工場を開設
中川加工所、宮町工場、志摩加工所を新設
三河営業所を開設
2005年(平成17年)
(株)山吉(本社:三重県四日市)の株式を引受け連結子会社とする
2006年(平成18年)
豊田通商(株)と(株)トーメンの合併により豊田通商グループとなる
2013年(平成25年)
豊田通商(株)と国分(株)との業務提携の一環として国分グループとなる
 
(C)2006-2013 chubu-syokuryo All rights reserved.